2週間前の吸殻投げ捨ての経過報告です。

 

火災事故前の緊急対策を即実施致しました。

 ①、各部屋へ文章にて現状報告(吸殻投捨て)

 ②、集合ポスト脇へ注意喚起の掲示

 ③、現場にてタバコ投捨て禁止の立て看板設置

 

 

 

 上記実施にて、3日後よりタバコの投捨てはお陰様で無くなりました。

良かったです。

 

しかしよく考えまするに、この対策にてタバコの吸殻投捨てが、無くなったと

いうことは、犯人は入居者の中にいるということになってしまいます。

 

 決して正義感や道徳観をふりかざすわけではありませんが、

老婆心ながら将来の日本は?と思ってしまうの私だけではないような

気がします。

 

     管理担当 Oでした。