賃貸部のKです。

 

先日、放課後デイサービスの事業用賃貸借契約の仲介をさせていただきました。

 

皆さん、放課後デイサービスってご存知ですか?

 

放課後等デイサービスは、6歳~18歳までの障害のあるお子さんや発達に

特性のあるお子さんが、放課後や夏休みなどの長期休暇に利用できる

福祉サービスです。
個別療育や集団活動を通して、家と学校以外の居場所やお友だちをつくる

ことができるので“障害児の学童”とも表現されます。

 

昔、小さい頃、クラスに1人や2人ぐらい「ちょっと変わった子」がいましたよね。

そういう子供たちが今では障害児と認定されることがあるそうです。

 

障害児と認定されると学校側も放棄とまで言わないまでも他へ頼ろうとするようです。

そうすると、そういう子供たちは、

学校で居場所がなかったり、

学校で成功体験を味わえなかったり、

様々な経験を積む

といったことができない状況になってしまっていないでしょうか。

 

子供たちだけではなく、親としても学校に頼れない状況になってないでしょうか。

 

そういう子供たちや親にとってのよりどころとなるのが、放課後デイサービスという

福祉サービスです。

 

 

    専門家による「個別対応」「小人数グループでの経験」

  「ペアレント・トレーニング」力を入れています。子ども

  の発達だけに注目してトレーニングするのではなく、

  『子育てをするおかあさんが安定することで子どもが育つ』

  と考え、親子一緒に育って欲しいと願っています。『子育て

  を応援する』プログラムや場所にこだわっています。

 

借主の夫妻が行っている放課後デイサービスのプログラムです。

 

親子一緒に育って欲しいというプログラムです。

 

 

今回の事務所の賃貸借契約は、このような借主の熱意と

その熱意を感じてくれた貸主の協力があって成立しました。

 

一企業として、一個人として、少しだけ社会貢献に携われたような気がします。

 

今まで何人もの賃貸借契約にかかわらせて頂きましたが、

今回の契約は、今までにない経験を積ませて頂いたような気がしました。

 

借主貸主の方々に感謝いたします。