管理担当者の日常業務として、管理物件の美化、入居環境の整備に

最近、悩み事が増加しています。

当社の管理物件は、築年数の浅い(築10年未満)の物件は少なく

又築30年以上の物件を多数管理させて頂いております。

管理担当者の技術や頑張りだけでは建物の維持管理の限界が

あります。

大規模修繕とまではいかなくとも、修繕見積もりの金額は

オーナー様の予想金額を大幅にうわまわってしまうのが

現実です。あらたなローン計画、相続問題等により、なかなか

判断できない今日この頃です。

 

担当  Oでした。